くらし情報『卓球“新怪物”張本智和の父が明かす素顔「宿題がヤバイ…」』

2017年8月3日 16:00

卓球“新怪物”張本智和の父が明かす素顔「宿題がヤバイ…」

image


(写真:アフロ)

いよいよ3年後に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック。期待のアスリートが目白押しで、3年たったら、今は一般的に無名な選手たちでも、メキメキ実力をつけ、連続メダルを狙う有名選手たちとの大混戦が期待できそう。今からチェックして、五輪予選・本戦を巡る熱いドラマを楽しもう!

「昨年のリオ五輪で日本初のシングルス・メダリストになった水谷隼選手(28)と、団体戦で銀メダルを獲得した丹羽孝希選手(22)は世界ランキングのトップ10内。15位には松平健太選手(26)もいます。女子は同5位で6月の世界卓球・混合ダブルス金メダルの平野美宇選手(17)に、リオで団体銅を獲得した石川佳純選手(24)、伊藤美誠選手(16)と、スター選手がそろっています」

そう話すのは、卓球専門誌『卓球王国』の今野昇編集長。しかし五輪の枠は男女とも3つあるものの、シングルスは「2」しかないため、はやくも代表争いは熾烈だという。

「さらに世界卓球で水谷選手を破り、史上最年少の13歳で8強入りした張本智和選手(14)の成長は、われわれの想像を上回る勢い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.