くらし情報『小林幸子「光見えた…」年下夫がiPS細胞で世界レベルの偉業』

2017年12月5日 00:00

小林幸子「光見えた…」年下夫がiPS細胞で世界レベルの偉業

image


「私は再生医療はもちろん、医学のことはまったくわかりませんが、夫がずっと地道にやってきていたことは知っています。ですから、今回の成功は本当にありがたい、うれしいなと思っているんです」と本誌に歓びの声をあげたのは、小林幸子(63)。

11月23日、東京慈恵医科大の横尾隆教授らのグループが、iPS細胞を使って“尿を作る”機能を持つ腎臓の再生に成功したと発表された。英国の権威あるオンライン科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に論文が掲載され、世界的に注目される“夢の治療法”につながる業績だという。

じつは今回の研究に当初から協力してきたのが、小林の8歳年下の夫で再生医療会社社長の林明男さんなのだ。小林と結婚して6年めになる林さん。だが、2人は結婚当初に壮絶なバッシングにさらされた。

「小林さんと結婚した林さんが、芸能界のことなどまったくわからないのに、彼女の所属事務所の経費や衣裳代にまで口を出し、事務所社長を追い出そうとしたと一方的に報じられたんです。結局、所属事務所社長が退社して騒動は決着しましたが、小林さんは“恩知らず”と叩かれて……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.