くらし情報『西郷輝彦“がん再発”闘病支える「21歳末娘と共演」の悲願』

2017年12月7日 11:00

西郷輝彦“がん再発”闘病支える「21歳末娘と共演」の悲願

image


《6年前になりますが前立腺癌と診断され全摘出の手術を受け、その後の経過も良く仕事を続けてくることが出来ましたが、最近の検査で再び癌が発覚し……》

11月30日に、6年前にがん手術を受けていたこと、さらにがんが再発したことを公表した西郷輝彦(70)。西郷と親しい仕事関係者は言う。

「報道を知り、驚いて彼に連絡をとったのですが、『心配しないでください。いまはピンピンしていますから』と意外に明るい声でしたので安心しました。しかし70歳でのがん闘病ですからね。あまり心配をかけにないように、そう言ってくれただけかもしれませんが……」

西郷の知人によれば“70歳のがん闘病”を支えているのが、妻や3人の娘たち家族だという。

「西郷さんは’81年に辺見マリさんと離婚した後、’90年に再婚。3人のお嬢さんに恵まれています。末のお嬢さんはモデルとして活動していましたが、’16年に西郷さんと同じ事務所に所属して“今川宇宙”として本格的に芸能活動を始めたのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.