くらし情報『山田裕貴が「バレンタインに女性を嫌いになった」』

山田裕貴が「バレンタインに女性を嫌いになった」

2018年2月11日 06:00
 

関連リンク

・阿川佐和子×クミコ×残間里江子、「老いと介護」で本音トーク
・太賀、インドネシア語ばかりの台本「がく然とするくらいの衝撃があった」
・視聴率ジリ貧で「AKB48総選挙」来年は地上波の放送は無理?
image


昨年大ブレークした竹内涼真に続き、今年も私たちの胸を熱くしてくれそうなイケメンたちが続々メディアで活躍中です。そのなかでも本誌の“目利き”スタッフ陣がガチで「絶対来る!」と推す大注目イケメンに愛を伝えるべく、2月14日はバレンタインデーということで、チョコを渡しに行ってきました!

「僕、バレンタインのせいで女性を嫌いになったことがあるんです(笑)」

こう、中学時代の苦い経験を振り返るのは山田裕貴くん(27)。当時は全国大会常連の強豪リトルリーグに所属する野球少年だった。

「丸刈りだったときはチョコ0個だったのに、引退して髪が伸びたら7個ですよ。女のコが見ているのは外見か!と」(山田・以下同)

そのすねた横顔がまた女性のハートをくすぐるが、演じる役の多面性から“カメレオン俳優”の異名も。エステサロンのオーナーに扮する新作『ホリデイラブ』(テレビ朝日系・金曜23時15分~)では、夫に浮気された“サレ妻”に接近する謎の男に挑戦。

「ドラマを見ている人たちが『この人だったら気を許しちゃうかも』と共感できる人になれたらいいな」

“人妻を好きになったらどうする?”と尋ねると、「実生活ではわからないけど、芝居だったら、一瞬でも本気で恋して見せます」と明言。リアリティこそが信条だと語る。

「どんな役でも、芝居を超えて本物に見えるということをいちばん大事にしていて。そのために、常日ごろから何かを見て感動したり、夢中になったり、心がちゃんと動く人間でいたいと思います」

野球男子のころと変わらぬ熱血漢。

「今年は、もっとたくさんの人に自分の顔と名前を知ってもらえるように頑張ります!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.