くらし情報『麻木久仁子「私、大丈夫なんだ」乳ガン治療支えた医師の言葉』

麻木久仁子「私、大丈夫なんだ」乳ガン治療支えた医師の言葉

2018年2月19日 17:00
 

関連リンク

・『TOKIOカケル』4人で初放送 ヒロミの金言に国分ら感謝「すがりたい時期だった」
・“長澤まさみ好き”公言の山田孝之「なかなか伝わらない」
・ディーン・フジオカ、インドネシア舞台の映画出演は「父親として模範になるため」
image


麻木久仁子(55)が2月18日、都内で自著「ゆらいだら、薬膳」刊行記念イベントを開催した。イベント内で麻木は、乳ガンのホルモン治療が昨年11月をもって無事終了したと報告した。

麻木は50歳を前に乳ガンを患ったものの、初期段階での発見だったため治療経過がすべて終了したという。主治医にも「『おめでとうございます』と言っていただけました」と笑顔を見せた。

そんな麻木の闘病を支えたのは主治医を務めた男性医師の言葉だと14年6月、インタビューで明かしている。乳ガンが判明した際、気丈に振る舞っていたものの内心は揺れていたという麻木。理由は、数年前にも脳梗塞で倒れていたためだ。そんな麻木に、男性医師はこう言った。

「ま、長いお付き合いになりますな」

「長い付き合い」とは“まだ治療の効く段階”だと、麻木はすぐに理解した。「ああ、私、大丈夫なんだ」と胸を撫で下ろしたのと同時に、男性医師のどこか飄々とした人柄に安心感を覚えたという。

さらに治療を進めるなかでも、男性医師の言葉は支えとなった。気遣いつつ乳房を切除するか否かなど提案することに麻木が「先生も大変ですね」と声をかけたときのことだ。男性医師は「女性にとって乳房がどれだけ大切かわからないから、患者さんの意思が何より大事」と語った。

「でも、自分は医療のプロだから、説明の仕方で患者さんの選択も変わってしまう。医師の責任は重いよね」

その言葉から患者を尊重してくれていること、それから医師としての強い責任感が伝わった。「このひとを信頼してよかった」と麻木はさらに安心し、乳ガンの治療に取り組めたそうだ。

自著のイベントの終盤では、先月30日に亡くなった有賀さつきさん(享年52)にも触れた麻木。有賀さんとは数多くのクイズ番組で共演しており、麻木は「私も娘が1人で、同じような境遇だけに…」と言葉を詰まらせた。そしてこう語った。

「ただ一生懸命生きて行かなきゃと……同世代として思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.