くらし情報『三代目JSB岩田 斎藤工らと「朝までハシゴを…」』

三代目JSB岩田 斎藤工らと「朝までハシゴを…」

2018年3月9日 11:00
 

関連リンク

・西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」
・小室哲哉 突発性難聴で入院していた!状態悪化で2週間療養
・西城秀樹さんが語っていた死生観「楽 我 生(=らくがき)」の意味
image


「この作品との出合いは、かけがえのないものになりました。表現者として1つのターニングポイントになったような気がします」

そう語るのは、EXILE、三代目J Soul Brothersのパフォーマーであり、近年、俳優として目覚ましい活躍を続ける岩田剛典(29)。単独初主演をはたした最新映画『去年の冬、きみと別れ』(3月10日全国ロードショー)で、心にトラウマを抱える記者・耶雲恭介を演じている。“ガンちゃん”と親しまれる従来のイメージとは一変、本作で見せる鬼気迫る表情は、じつに衝撃的!

「出演を決意するにあたっては、正直、相当な覚悟がいりました。でも、これほど重厚感のある作品と出合ったのも初めてでしたし、挑戦したいという欲求のほうが打ち勝ったというか。とにかく、脚本からエナジーがあふれていて、自分のパブリックイメージを覆すことなんて何でもないことだと思いました。むしろ、『こういう役もできるのか』と思っていただけたらうれしいことだ、と」(岩田・以下同)

撮影中は休みの日も作品のことばかり考える日々のなか、共演者の斎藤工北村一輝との食事会が唯一の楽しい思い出。

「朝まで5軒くらいハシゴして、最後はスナックで語りつくしました(笑)。いちばんお酒に強いのは北村さんでしょうね。撮影中は、まったくタイプが異なるお2人のお芝居を目の当たりにしながら、たくさん刺激をいただきました」

春からは主演ドラマや新作映画が続々と。

「自分のやりたいことをとことん追求し、結果を残したいという思いがつねにあって。そこは耶雲の思いと重なります。今年は、俳優・岩田剛典というイメージがより強く印象づけられる1年にしたいと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.