くらし情報『石巻市「大川小」遺族、震災以後の「卒業生スライド」封印に激怒』

石巻市「大川小」遺族、震災以後の「卒業生スライド」封印に激怒

2018年3月10日 04:00
 

image


(撮影:加藤順子

「亡くなった子供たちも、私たちも、また切り捨てられたんですね……」

2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で、全校児童の約7割にあたる74人もが犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校。悲劇からまる7年を目前にした2月24日、33年の歴史に幕を下ろす閉校式が行われた。

震災当時、同校5年生だった二女の紫桃千聖さん(享年11)を亡くした母・さよみさん(51)は、式の後半に上映されたスライドで、04年入学までの卒業アルバムしか映されなかったことを知り、怒りを抑えるように呟いた。

「震災以降の歴史は、無視されたも同然です」

14時46分に地震が発生した「あの日」。津波は校舎にも押し寄せた。その後、大川小では別の小学校を間借りして授業するなどしていたが、児童数は29人まで減少し、閉校に至った。旧校舎は、「震災遺構」として保存されることが、すでに16年春に決まっている。

「7年たって、私たち親も家族も、いろんなことに向き合わなければならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.