くらし情報『たけし独立騒動収束化で聞こえるネタ切れワイドショーの悲鳴』

たけし独立騒動収束化で聞こえるネタ切れワイドショーの悲鳴

2018年4月9日 06:00
 

関連リンク

・ジャニーズが二宮和也に課した過酷な「ブラックペアン」視聴率
・鈴木亮平と学ぼう! 海外旅行でリアルに役立つ3フレーズ
・菅田将暉、“頭の上がらない先輩”は綾野剛 男前すぎるエピソードが話題
image


 

先月末から連日各スポーツ紙や民放各局のワイドショーで大々的に報じられているビートたけし(71)の独立騒動。

 

日に日に「オフィス北野」森昌行社長(65)VS同社に所属するダンカン(59)や水道橋博士(55)ら「たけし軍団」の対立が浮き彫りになったが、そろそろ収束に向かいそうだという。

 

「たけしさんが、7日放送のTBS系『新・情報7daysニュースキャスター』で騒動について言及。自身の新事務所に軍団が合流する予定であることを明言しました。いっぽう森社長は一部スポーツ紙に対し、事務所を存続させる形で事態を収束させる意向であると明かしました。この分だと、これ以上話がこじれることはなさそうです」(芸能デスク)

 

だが騒動が収束した場合、特にワイドショーはネタ探しに苦労しそうだという声も聞こえてくる。

 

「ワイドショーは昨年の大相撲の暴行事件、レスリング界のパワハラ問題、そしてたけしさんの独立騒動と視聴者の関心が高い話題が続いたことで助かっていました。それだけに『早く次のニュースの“主役”に出てもらわないと……』と悲鳴が上がっています」(ワイドショースタッフ)

 

とはいえ、“主役”にされた方はたまったものではないが……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.