くらし情報『大桃美代子「失明の危険」訪れた更年期、韓国留学が見せた新世界』

2018年4月15日 06:00

大桃美代子「失明の危険」訪れた更年期、韓国留学が見せた新世界

image


美貌や若さに自信があった人ほど、老化に直面したときの「エイジングストレス」が大きいという。輝いていたアイドルたちは年齢を重ねた今、そんな悩みにどう対処しているのだろう?そこで、’80年代アイドルが直面した「エイジングストレス体験」と、対処法を紹介。

タレントとして幅広い分野で活躍する大桃美代子さん(52)が、最初に不調を覚えたのは40代に入ったころ。

「なんとなくやる気が起きなくなり、気力で突っ走れなくなってしまったんです。昔と同じように頑張ろうとすると、苦しくなる。体も『もうやめて!』といわんばかりに言うことをきかなくなって、だるさや、朝起きられないほどの症状が続きました。いま思えば、軽いうつだったのかもしれませんね」(大桃さん・以下同)

さらに、40代後半に入ると目の不調を抱えるように。とくに右目が見えづらく、白内障と診断された。緑内障も併発し、医師からは「このままでは失明の危険性もある」と告げられたという。

「それで、’13年に右目の手術を受けたのですが、医師から主な原因はストレスだと言われたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.