くらし情報『小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」』

2018年5月22日 00:00

小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」

image


本誌の直撃取材に“左耳の聴力ゼロ”という危機的状況で緊急入院していたことを明かした小室哲哉(59)。1月に“引退”を発表した小室は、マスコミの取材を受けるのは「これが本当に最後」と断りつつ、妻・KEIKO(45)との将来や日本中から声が挙がる“引退撤回”の声について率直に答えてくれた。

1月の記者会見当時、大分の実家に戻っていたKEIKOは、あの会見を見たのだろうか。

「はい。あのあと、電話で何度か話しています」

――どんなお話をされたんでしょうか。

「簡単なコミュニケーションをとってるだけなんですよ」

――会見では最後、“介護の大変さ”に言及されました。ご自分の体調もよくないなか、KEIKOさんとの今後についてどうお考えでしょうか。

「僕が自分勝手というのが大前提なんですけれど……。一般の方でいったら“定年”みたいな年齢で、家族や夢について、今後の道先を決めていかなければいけないんですが、どういうふうに2人でやっていけるものなのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.