くらし情報『戊辰戦争を描いた小説『五稜郭残党伝』を温泉ドラゴンが舞台化』

2019年12月9日 00:00

戊辰戦争を描いた小説『五稜郭残党伝』を温泉ドラゴンが舞台化

温泉ドラゴン『五稜郭残党伝』


2010年に結成し、代表・シライケイタのもとオリジナル作品を作り続ける劇団「温泉ドラゴン」。その第14回目公演となる新作『五稜郭残党伝』が12月11日(水)に東京・サンモールスタジオで開幕する。

「国家」「人種」「差別」「侵略」。歴史問題を積極的に手がけてきた温泉ドラゴンが、今回は直木賞作家・佐々木譲の同名小説をシライの脚本・演出で舞台化する。物語の舞台は幕末、戊辰戦争末期の五稜郭。陥落前夜、自由を求めて脱出した旧幕府軍の凄腕狙撃兵・蘇武と名木野が主人公だ。アイヌの土地を蹂躪する新政府の画策を知り、義憤に燃えるふたり。しかしその背後に、新政府軍残党狩り部隊の足音が迫る……。

劇中に登場するアイヌ民族の女性役を、イランの児童養護施設で過ごしたサヘル・ローズが演じることも見どころのひとつだ。磨かれたアナウンス技術で、テレビ番組の司会やコメンテーターを明るくこなす彼女。戊辰戦争で行われていた侵略・侮辱的な行為が、過去の出来事としてだけではなく、現在も世界のどこかで起きていることであると、サヘルの演技が知らせてくれる。2019年の東京、1868年の北海道、そしてサヘルが経験した1980年代のイラン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.