くらし情報『桐谷健太×高橋克典×佐々木希×髙嶋政宏『醉いどれ天使』舞台化決定 演出は三池崇史』

2021年3月17日 04:00

桐谷健太×高橋克典×佐々木希×髙嶋政宏『醉いどれ天使』舞台化決定 演出は三池崇史

桐谷健太、高橋克典、佐々木希、髙嶋政宏


9月に明治座、10月に新歌舞伎座にて、黒澤明監督作『醉いどれ天使』を舞台化することが決定した。

名匠・黒澤明と、その多くの作品で主演を務めた三船敏郎。ふたりが初めてタッグを組んだ映画が『醉いどれ天使』が舞台としてよみがえる。映画が公開された1948年4月から約半年後、ほぼ同じキャストとスタッフが集結し、舞台作品として上演されたという記録が残っている。当時の映画界では、大規模な労働運動が起こり、多くのスタッフや俳優たちが窮状に陥っていた。彼らを救うために黒澤明を中心に劇団が編成され、全国巡業が催されたと言われている。この時、上演作品に選ばれたのが『醉いどれ天使』だった。

近年、偶然にも三船プロダクションが長年眠っていた舞台台本を発見。色あせることのない普遍性を持ち、今を生きる私たちにも強く訴えてくるメッセージ。混沌とした現代に上演する意味を受け止め、それぞれの作品が持つ魅力を引き継ぎながら、2021年の舞台版、新生『醉いどれ天使』が誕生する。

『醉いどれ天使』が描くのは、闇市を支配する若いやくざ・松永と、酒好きで毒舌な貧乏医師・真田のぶつかり合い。結核に侵されている松永を何とか生かそうとする真田。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.