くらし情報『歌・音楽・サーカスが融合した音楽劇『空中ブランコのりのキキ』出演、5人のサーカスアーティストにインタビュー』

歌・音楽・サーカスが融合した音楽劇『空中ブランコのりのキキ』出演、5人のサーカスアーティストにインタビュー

せたがやアートファーム2024 音楽劇『空中ブランコのりのキキ』メインビジュアル (C)磯部昭子

(C)磯部昭子



東京・世田谷パブリックシアターが新たにスタートする夏のアートフェスティバル「せたがやアートファーム」。演劇、ダンス、音楽、サーカス、落語、さらにファッション、現代美術などのパフォーマンスやワークショップを通して、多くのアートと触れ合うことができる、さまざまな人が集うアートで満たされた場=農場を目指す。そのメインプログラムとしてこの夏上演されるのが、音楽劇『空中ブランコのりのキキ』。別役実の傑作童話数作品を原作に、劇団「快快」の脚本家・演出家・北川陽子が一本の音楽劇として再構築。同じく「快快」の俳優であり、振付家・演出家の野上絹代が構成・演出を手がけ、ジャンルを逸脱した特異なセンスを持つオオルタイチが音楽を手がける本作には、日本のサーカス界を牽引するサーカスアーティストも多く出演する。

今回ぴあアプリでは5人のサーカスアーティストへのインタビューを実施。出演が決まった時の気持ちや担当するパフォーマンスについて、またパフォーマー目線での見どころポイントなどを語っていただいた。


吉田亜希(エアリアル)

歌・音楽・サーカスが融合した音楽劇『空中ブランコのりのキキ』出演、5人のサーカスアーティストにインタビュー

空間で動く布の美しいラインも楽しんで
出演が決まったときは、新たなものとの出会いを感じワクワクし、とても嬉しかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.