くらし情報『おとな向け映画ガイド 今週も、これは、という3本を選りすぐってオススメ。』

2020年7月5日 00:00

おとな向け映画ガイド 今週も、これは、という3本を選りすぐってオススメ。

イラストレーション:高松啓二

イラストレーション:高松啓二



おとな向け映画ガイド

今週も、これは、という3本を選りすぐってオススメ。

ぴあ編集部 坂口英明
20/7/05(日)

おとな向け映画ガイド  今週も、これは、という3本を選りすぐってオススメ。

イラストレーション:高松啓二


イラストレーション:高松啓二
今週末に公開の新作は17本(ライブビューイング、映画祭企画を除く)。うち全国100スクリーン以上で拡大公開される作品が『私がモテてどうすんだ』『透明人間』の2本、ミニシアター系の作品が15本です。その中から、これは、という3本をご紹介します。

『バルーン 奇蹟の脱出飛行』

成功するとわかっていてもドキドキする、スリリングなサスペンスタッチのドラマです。冷戦下に東ドイツから西ドイツへ、小さな子どももいるふたつの家族が、なんと手作りの気球に乗って国境を越えるという、破天荒な、でも実際にあった脱出行の映画化です。

1979年、ほんの40年前のできごとです。ベルリンの壁崩壊はその10年後。捕まったら銃殺覚悟の亡命が、まだその頃あったのです。主人公のひとりは、長髪でベルボトムのジーンズを履いています。東ドイツでも『チャーリーズ・エンジェル』が隠れた人気で、話題にでてきます。インターネットの時代ではありませんが、テレビ電波は越境していたわけで、西側の生活を垣間見ることができたはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.