くらし情報『『カリギュラ』『泣くロミオと怒るジュリエット』橋本淳が舞台に向けて菅田将暉に「関西弁を習いたい(笑)」』

2019年11月14日 14:00

『カリギュラ』『泣くロミオと怒るジュリエット』橋本淳が舞台に向けて菅田将暉に「関西弁を習いたい(笑)」

橋本淳


2004年にドラマ『WATER BOYS2』でデビュー、当時の最年少レッドとして『魔法戦隊マジレンジャー』(2005年)の主演に大抜擢され、その後も朝ドラをはじめ多数の作品に出演する橋本淳さん。主戦場である舞台では、宮田慶子宮本亜門白井晃永井愛ケラリーノ・サンドロヴィッチなど錚々たる演出家のもとでステージに立ってきました。

2019年11月9日には栗山民也演出の舞台『カリギュラ』が開幕、さらにオールメール&全編関西弁の演出が注目を集める舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』の上演を2020年2月に控えています。

そんな、演劇界で引っ張りだこの橋本さんに、テイストの異なる両作品に対する思いや見どころを語っていただきました。

——まずは『カリギュラ』のお話から。演じる役どころについて教えてください。

橋本淳(以下、橋本)僕が演じるケレアは、冷静かつ聡明な人物です。菅田将暉くん演じるカリギュラと対峙する役どころで、クーデターの首謀者となります。

最初はケレアという人物がどういう考え方を持っているのか、分からない部分もありました。でも、台本の中に「私はただの市民なので」というセリフがあったり、彼自身、たしかにそこまで特出した才能があったりするわけでもないので、とても人間っぽい人だなと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.