くらし情報『ヤクザが学校の救世主に? 『任侠学園』が放つ痛烈な皮肉の面白さ』

2019年9月27日 00:00

ヤクザが学校の救世主に? 『任侠学園』が放つ痛烈な皮肉の面白さ

(C)今野 敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

(C)今野 敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会



ヤクザが学校再建に挑むという、思い切った内容のコメディ映画、『任侠学園』。本作は、うまくいっていない学校や出版社、病院、映画館などを、不器用だが義理人情を重んじる、“善良な”ヤクザが助けていくという、今野敏(『ハンチョウ』シリーズ、『ST 赤と白の捜査ファイル』)原作の人気小説シリーズが実写映画化されたもの。

社会奉仕がモットーという異色のヤクザ、“阿岐本組”。西田敏行が演じる、義理人情に厚すぎる組長は、子分たちに次から次へと人助けを命じる。今回助けるのは、経営不振の私立高校。西島秀俊が演じる阿岐本組ナンバー2の日村は、学校に嫌な思い出しかなく、子分たちを連れ、仕方なく学園へ向かう。

「ヤクザに学校再建などできるのか?」と思ってしまうが、現代の学校には問題が山積み。やる気のない高校生や、事なかれ主義の校長以下教師たちに対し、日村たち阿岐本組の面々が、義理人情で喝をいれることで、学校は改善を見せていく。

現代社会の縮図であるともいえる学校。ここで映し出される、無気力・無感動・無責任という状況は、痛烈な風刺にもなっている。だからこそ、停滞した環境を斬っていくヤクザの“世直し”が、より痛快なものに感じられるはずだ。

『任侠学園』
本日より公開

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.