くらし情報『岡田将生「今までと違う自分を見せられる気がします」 三浦大輔演出『物語なき、この世界。』7月上演決定』

2021年3月8日 10:00

岡田将生「今までと違う自分を見せられる気がします」 三浦大輔演出『物語なき、この世界。』7月上演決定

『物語なき、この世界。』


COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』が7月11日(日)から8月3日(火)に渡りBunkamura シアターコクーンで上演されることが決定した。

作・演出を手掛けるのはスキャンダラスな題材と、リアルな感情を追求した演出で、観る者の感情を揺さぶる三浦大輔。シアターコクーンには2015年にブラジル演劇の巨匠ネルソン・ロドリゲス『禁断の裸体』の演出で初登場。2018年のオリジナル戯曲『そして僕は途方に暮れる』ではエロスや暴力シーンを封印、現実に向き合わないダメ人間の逃亡劇を描き、精緻な台詞と構成で微妙な人間関係を巧みに演出して新境地を切り開いた。『物語なき、この世界。』は舞台だけにとどまらず、映画監督としてのキャリアも積んだ彼の3年ぶりの書き下ろし作となる。

30歳を過ぎても売れない俳優で、同棲している彼女の稼ぎでヒモ生活をおくる菅原裕一役には、2019年Bunkamura シアターコクーンで上演された『ハムレット』でタイトルロールを熱演し好評を博した岡田将生。売れないミュージシャンで菅原の田舎の高校の同級生、今井伸二役には三浦との親交も深く、俳優として活躍の場を広げている銀杏BOYZの峯田和伸。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.