くらし情報『爽やかな演目揃いの『五月大歌舞伎』、いよいよ開幕』

2021年5月12日 07:00

爽やかな演目揃いの『五月大歌舞伎』、いよいよ開幕

『五月大歌舞伎』


皐月にふさわしく、時代物、世話物、舞踊と、薫風の吹きわたるような爽やかな演目が揃い、若手から花形、そして大看板まで俳優たちの顔ぶれも華やかな五月の歌舞伎座公演が5月12日、開幕する。

第一部は『三人吉三巴白浪』と新古演劇十種の内『土蜘』。いずれも河竹黙阿弥作。奇しくも出会った吉三と名乗る三人の盗賊とその親たちが、百両の金と庚申丸という御家の重宝を軸にくり広げる物語。振り袖姿のお嬢吉三に浪人のお坊吉三、ふたりの争いに和尚吉三が割って入り、義兄弟の盃を交わすが、このことが因果の絡みに絡んだドラマへとつながっていく。三人が出会う「大川端」の場は、歌舞伎ならではの様式美がたっぷり。お嬢吉三の「月もおぼろに白魚の篝も霞む春の空」という台詞は歌舞伎の演目の中でも屈指の名台詞だ。お嬢に尾上右近、お坊に中村隼人、和尚に坂東巳之助というフレッシュな顔ぶれでの三人吉三だ。

もう一本は松羽目ものの舞踊『土蜘』。病気療養中の源頼光を見舞う叡山の僧・智籌。実は土蜘の精。真っ白い蜘蛛の糸を投げつけ投げつけ四天王たちと大立廻りをくり広げる場面は迫力満点だ。叡山の僧智籌実は土蜘の精に尾上松緑、源頼光に市川猿之助。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.