くらし情報『バイエルン国立歌劇場が自主レーベルをスタート 第1弾は、キリル・ペトレンコ指揮のマーラー:交響曲第7番』

2021年4月14日 12:00

バイエルン国立歌劇場が自主レーベルをスタート 第1弾は、キリル・ペトレンコ指揮のマーラー:交響曲第7番

キリル・ペトレンコ指揮、バイエルン国立管弦楽団 (C)Myrzik_und_Jarisch

(C)Myrzik_und_Jarisch



コロナ禍によってコンサートが激減し、家で音楽を楽しむ機会が増えたところに、久々のビッグニュースが到着した。ドイツの名門「バイエルン国立歌劇場」が自主レーベルをスタートすることが発表され、5月28日にその第1段が発売になる。しかもその中身が、キリル・ペトレンコ指揮バイエルン国立管弦楽団によるマーラーの交響曲第7番なのだから素晴らしい。

キリル・ペトレンコといえば、2019年よりサイモン・ラトルの後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任したクラシック・ファン大注目のマエストロだ。しかしその実力に比して録音の数が極端に少なく、今だに全貌がつかめない状況だ。その彼がバイエルン国立管弦楽団を指揮した2018年の話題のライブ録音が発売になるのだからこれは楽しみだ。

*演奏会評は以下の通り
「このマーラー7番はあらゆる点で議論の余地なく最上級だ『ジ・アーツ・デスク』」
「素晴らしいバイエルン国立管弦楽団による真に輝かしいマーラー『ザ・ガーディアン』 」
「息をのむばかりの完璧な演奏『アーべントツァイトゥング』」
「超高解像度のマーラー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.