くらし情報『大竹しのぶ×林遣都、栗山民也演出『フェードル』1月上演決定』

2020年8月28日 13:00

大竹しのぶ×林遣都、栗山民也演出『フェードル』1月上演決定

大竹しのぶ×林遣都


2021年1月8日(金)よりBunkamuraシアターコクーンにて、舞台『フェードル』の上演が決定した。

『フェードル』は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌがギリシャ悲劇『ヒッポリュトス』から題材を得て、1677年にブルゴーニュ座で初演、1680年コメディ・フランセーズ(国立劇場)のこけら落としでも上演された、17世紀フランス古典文学の最後を飾る金字塔的な作品。サラ・ベルナール、ヘレン・ミレンなど、各国を代表する名女優たちが演じてきた。

日本では2017年、主演に大竹しのぶを迎え、栗山民也が演出。2013年に「ピアフ」でその年の演劇賞を総なめにする快挙を遂げたタッグで、「大竹しのぶの新たな代表作を作る」と意欲を持って臨んだ。演劇批評でも大竹の圧巻の演技などが評価され、第52回紀伊國屋演劇賞で個人賞を受賞した。

2021年版では、フェードルの義息子・イッポリット役に林遣都が新キャストとして抜擢。栗山、大竹とは初タッグとなる。その他、瀬戸さおり、谷田歩、酒向芳、西岡未央、岡崎さつき、キムラ緑子と、個性豊かなキャストが集結した。

この度の発表による栗山、大竹、林のコメントは以下の通り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.