くらし情報『日向坂46のムードメーカー渡邉美穂が卒業、メンバー全員で涙のラストパフォーマンス』

2022年6月29日 11:30

日向坂46のムードメーカー渡邉美穂が卒業、メンバー全員で涙のラストパフォーマンス

日向坂46『渡邉美穂 卒業セレモニー』6月28日(火) 東京・東京国際フォーラムホールA Photo:上山陽介

Photo:上山陽介



日向坂46が、2期生・渡邉美穂の卒業セレモニーを6月28日に東京・東京国際フォーラムホールAで開催した。

2017年8月に前身グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)の2期生として加入した渡邉。2期生の中では初の卒業生で、こうしたセレモニーが行われるのはグループとしても初となる。開演前の影アナは、渡邉とともに「ゴリゴリドーナッツ」というユニットを自称する富田鈴花、松田好花が担当。「ミホワタナベのラストダンスの始まりだー!」という合言葉とともに、会場にOVERTUREが鳴り響いた。

そしてけやき坂46時代から歌い継いでいる曲「ハッピーオーラ」のイントロが流れると、ステージ中央から渡邉が登場。すでに感極まりつつあるのか、涙を堪えるような表情を見せると、他のメンバーたちに合流してパフォーマンスを行った。

日向坂46のムードメーカー渡邉美穂が卒業、メンバー全員で涙のラストパフォーマンス


歌い終えたメンバーは、一列に並んでMC。さっそくキャプテンの佐々木久美が「来てしまいました、この日が」と水を向けると、渡邉は「いや〜、実感沸かないですね」と応える。佐々木美玲や宮田愛萌、山口陽世が、渡邉がいかにムードメーカーとしてグループを明るくしてくれていたのかを語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.