くらし情報『稲垣吾郎インタビュー「40代はどう生きていくのかを考える重要な時期」 『No.9 ―不滅の旋律ー』再々演にむけて』

2020年12月1日 17:00

稲垣吾郎インタビュー「40代はどう生きていくのかを考える重要な時期」 『No.9 ―不滅の旋律ー』再々演にむけて

稲垣吾郎 撮影:黒豆直樹

撮影:黒豆直樹



ベートーヴェンを“ハマり役”と称される日本人俳優もなかなかいないだろう。

「周りからもよくハマり役って言われるんですけど、なんでなのかわからない……。僕とは全然違う人間なんですけどね」。稲垣吾郎はそう苦笑しつつ、しかし、自身にとってこの役が、俳優キャリアにおいて特別なものであることを否定しない。

“楽聖”ベートーヴェンが、「歓喜の歌」としても知られる最後の交響曲『第九』を作り上げていくまでを描いた舞台『No.9 ー不滅の旋律ー』がベートーヴェン生誕250周年を迎えた今年、再々演を迎える。

稲垣吾郎インタビュー「40代はどう生きていくのかを考える重要な時期」 『No.9 ―不滅の旋律ー』再々演にむけて

ベートーヴェンは「寅さん」みたい

ベートーヴェンについて「ベートーヴェンが遺したものは、エンタテインメントの全ての源になっている。“エンタテインメントを自由にした”という意味では、(音楽に限らず)どの業界においても元祖と言える存在」と語る稲垣。エンタテインメントの世界でまさに自由な活躍を見せる稲垣ならではの視点と言える。

一般にベートーヴェンと言えば、学校の音楽室の肖像画と交響曲第五番『運命』によって、多くの日本人にとって“怖い”もしくは“気難しそう”というイメージが刷り込まれているのではないか? この“狂気“や“怒り”といった要素を内包しつつ、一方で稲垣は、ベートーヴェンが若い時期の創作において、女性との関係に大きく左右されていたことを指し「女性に振り回されたり、人情味があって、寅さんみたいだなって思います(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.