くらし情報『東京国立近代美術館にて、桜の開花にあわせた恒例の企画「美術館の春まつり」を開催』

2021年3月2日 12:00

東京国立近代美術館にて、桜の開花にあわせた恒例の企画「美術館の春まつり」を開催

「美術館の春まつり」


皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地している東京国立近代美術館にて、毎年恒例の春にちなんだ催し「美術館の春まつり」が3月23日(火)より開催される。

所蔵作品展『MOMATコレクション』では、年に一度この時期だけ公開される、桜を描いた重要文化財の川合玉堂《行く春》、しだれ桜ほか40種類を超える希少な桜を描いた跡見玉枝《桜花図巻》や、川瀬巴水などの「新版画」における桜、染織では釜我敏子《型絵染着物春の野》など、花を描いた名画約20点が会場の一室に並ぶほか、13,000 点を超える所蔵作品の中から選りすぐりの約200点を紹介。岸田劉生や安井曽太郎、セザンヌなどおなじみの作品も3フロアにわたって展示される。

東京国立近代美術館にて、桜の開花にあわせた恒例の企画「美術館の春まつり」を開催

船田玉樹《花の夕》1938年
東京国立近代美術館にて、桜の開花にあわせた恒例の企画「美術館の春まつり」を開催

川瀬巴水《井の頭の春の夜》1931年
東京国立近代美術館にて、桜の開花にあわせた恒例の企画「美術館の春まつり」を開催

釜我敏子《型絵染着物春の野》 1992年撮影者:アローアートワークス © 1994
同時期開催として、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった「単なる美しいもの」とは異なる表現を紹介する企画展『あやしい絵展』、写真のもう一つの側面を探るコレクションによる小企画『幻視するレンズ』 のほか、桜を見ながらひと休みできるよう、前庭に床几台によるお休み処が設置されるなど春らしい企画も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.