くらし情報『君島大空が合奏で『縫層』に宿した圧倒的な生命力 配信ライブ『層に電送』レポート』

2020年12月25日 19:00

君島大空が合奏で『縫層』に宿した圧倒的な生命力 配信ライブ『層に電送』レポート

君島大空 遠隔夜会『層に電送』 写真 / 垂水佳菜

写真 / 垂水佳菜



11月11日リリースされた君島大空の2nd EP『縫層』。その発売を記念したライブが、恵比寿リキッドルームからの生配信で行われた。同作の収録曲を中心に全14曲が演奏されたライブは、傑作『縫層』の制作によって培われたバンドのコンビネーションに無観客だからこその濃密な空気感が合わさって、圧倒的な躍動感と生命力を感じさせるものとなった。

フロアの中央に置かれたランプを囲むように円になった、ドラム・石若駿、ベース・新井和輝、ギター・西田修大、そしてヴォーカル・君島大空。ふと、君島が静かにギターを弾き始める。そして聞こえてきたのは「光暈」だ。君島の独奏で歌われるこの曲の震えるようなナチュラルビブラートが、朝日のような白い光が4人を照らし出すなか響いていく。続いては君島の声に重なるデジタルクワイアがどこか厳かな空気を生み出していく「旅」。まるで長いロードムービーのサウンドトラックのような2曲が、ライブの幕開けを告げるように鳴らされる。

君島大空が合奏で『縫層』に宿した圧倒的な生命力 配信ライブ『層に電送』レポート

写真 / 垂水佳菜

そして、地鳴りのような、あるいは雷鳴のようなベースやドラムが鳴り渡り、森の闇に棲む生き物の声のようなギターの音色が聞こえてくると、そのすべてをかき消すかのように美しいアルペジオが聞こえてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.