くらし情報『永田崇人&阿久津仁愛W主演、音楽劇『プラネタリウムのふたご』2021年2月の延期公演決定』

2020年8月28日 15:00

永田崇人&阿久津仁愛W主演、音楽劇『プラネタリウムのふたご』2021年2月の延期公演決定

音楽劇『プラネタリウムのふたご』


今年6月から愛知、東京、大阪での上演を発表し、新型コロナウイルス感染拡大防止に協力するため公演延期となっていた音楽劇『プラネタリウムのふたご』の延期公演が2021年2月に上演されることが決定した。

本作は、2004年、三島由紀夫賞候補にもなった、いしいしんじの同名傑作小説を、ウォーリー木下演出で音楽劇として初めて舞台化したもの。星の見えない村にあるプラネタリウムで働く語り部の男に拾われ、彗星にちなんでテンペルとタットルと名付けられたふたごの兄弟が、一人は手品師に、一人は星の語り部へと成長していく姿を描く。W主演を務めるのは、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の孤爪研磨役をはじめ、『リューン~風の魔法と滅びの剣~』や『いまを生きる』といった舞台で活躍する永田崇人と、16年からミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで青春学園一年生の主人公・越前リョーマ役を演じ続けてきた阿久津仁愛。成長して手品師となるテンペルには永田が、星の語り部を引き継ぐタットルには阿久津が扮し、この二人を育て上げる“泣き男”と呼ばれる星の語り部を、実力派俳優の佐藤アツヒロが演じる。

新型コロナウイルスの影響で延期となっていたが、さまざまな手段を講じ、来年2月から延期公演を行うとのことだ。

音楽劇『プラネタリウムのふたご』
2021年2月より東京、大阪で上演

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.