くらし情報『『五感であじわう日本の美術』三井記念美術館で 五感を活用し絵画や工芸品鑑賞を楽しむ』

『五感であじわう日本の美術』三井記念美術館で 五感を活用し絵画や工芸品鑑賞を楽しむ

《郭子儀祝賀図》円山応挙筆 江戸時代・安永4年(1775) 三井記念美術館蔵


東京・日本橋にある三井記念美術館では2024年7月2日(火)より『五感であじわう日本の美術』を開催する。同館が夏休みに合せて企画している「美術の遊びとこころ」シリーズの第8弾で、人間が持つ五感を活用しながら、絵画や工芸品を鑑賞する展覧会だ。
展覧会は「気持ちを想像してみる」「音を聴いてみる」「香りを嗅いでみる」「触った感触を想像してみる」「味を想像してみる」「温度を感じてみる」の6章で構成。
最初の「気持ちを想像してみる」では、満開の桜のもと、ふざけ戯れる男女と、その姿を冷めた目で見る面売りの老婆を描いた河鍋暁斎の《花見の図》(江戸時代、19世紀)や、女性の激しい恨みや怒りの表情を表現した重要文化財《能面蛇》(室町地代、14-16世紀)などを紹介。登場人物がどのようなシチュエーションに置かれ、どんな心情なのかに思いを馳せることとなる。
『五感であじわう日本の美術』三井記念美術館で 五感を活用し絵画や工芸品鑑賞を楽しむ

重要文化財《能面 蛇》室町時代・14~16世紀 三井記念美術館
さらに岩場の鶴を描いた沈南蘋の《花鳥動物図(松樹双鶴図)》(清時代、18世紀)では、打ち寄せる波の音や鶴の鳴き声を想像し、陶淵明の『桃花源記』を主題とした中島来章の《武陵桃源図》(江戸時代、19世紀)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.