くらし情報『「今だからこその楽しさを!」原田諒×紅ゆずる “なんでもあり”な『エニシング・ゴーズ』』

2021年6月19日 12:00

「今だからこその楽しさを!」原田諒×紅ゆずる “なんでもあり”な『エニシング・ゴーズ』

原田諒×紅ゆずる 撮影:川野結李歌

撮影:川野結李歌



ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』が東京・明治座にて8月に上演される。数々のミュージカルや映画作品で名曲を残した巨匠コール・ポーター最大のヒット作と呼ばれ、楽しく陽気なストーリーをジャズのメロディーとダンスで魅せるこのミュージカル・コメディは、1934 年にブロードウェイで初演され、1988 年に第 42 回トニー賞で 3 部門を獲得、更に 2011 年の第 65回トニー賞において再び 3 冠に輝いた傑作。日本では1989年に初演され再演を重ねてきたが、今回は 8 年ぶりの上演となり、演出・キャストを一新。演出は宝塚歌劇団の原田諒、ニューヨークで一番のナイトクラブの大スターリノ・スウィーニー役は元宝塚歌劇団星組トップスターの紅ゆずるが務める。作品について、原田諒と紅ゆずるに話を聞いた。

「生きてこれを観ることができて良かった」と思ってもらえるように

――『エニシング・ゴーズ』は8年ぶりの上演で演出、キャストを一新ということですが、おふたりは今、どんなふうに作品に臨もうと思われていますか?

紅ゆずる(以下、紅)日本版ではこれまでにも大地真央さんと瀬奈じゅんさんが主役のリノ・スウィーニー役を務めて来られましたが、今回はイチから新しくこの作品をつくるためにも、あえて過去のバージョンは見ずに取り組もうと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.