くらし情報『段田安則主演『セールスマンの死』メインビジュアル&キャストコメント公開 各公演詳細も発表』

2021年12月22日 12:00

段田安則主演『セールスマンの死』メインビジュアル&キャストコメント公開 各公演詳細も発表

『セールスマンの死』メインビジュアル


段田安則が主演を務めるパルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』のメインビジュアルと各キャストコメントが公開。また、東京公演ほか、松本、京都、豊橋、兵庫、北九州公演の詳細も発表された。

アーサー・ミラー作、エリア・カザンの演出により1949年ニューヨークで初演されてから742回の上演という、当時としては画期的なロング・ラン公演となった本作。トニー賞、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツア賞を受賞した近代演劇の金字塔となる作品だ。『セールスマンの死』は、ウィリーが帰宅した月曜日の深夜から、自ら命を絶つ火曜日の深夜までの、わずか24時間が舞台。わずか24時間の中に、初演当時としては斬新であったフラッシュバックの手法で、ウィリーやまわりの家族の過去の記憶が巧みに織り込まれ、演劇ならではの展開をみせる。ウィリーの保険金で家のローンが完済されたことを嘆く妻の独白で終わるラストは静かな衝撃を観る者の心に残してきた。

主人公ウィリー役には舞台のみならずテレビ・映画の世界で、変幻自在に活躍、日本を代表する俳優となった段田安則。65歳の節目に、満を持してウィリー・ローマン役に挑む。また、ウィリーを支える妻リンダ役にはテレビ・ドラマに幅広く活躍し輝き続け、本作が25年振り2回目の本格的舞台出演となる鈴木保奈美。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.