くらし情報『野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス開幕! 演出・青木豪「何かしらの解放感を感じて下さったら幸いであります」』

2021年10月15日 21:00

野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス開幕! 演出・青木豪「何かしらの解放感を感じて下さったら幸いであります」

『野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス』より 撮影:住田磨音

撮影:住田磨音



劇場を「ひらく」アクションとして、“ワンコインで観劇することが出来る高品質な演劇”をコンセプトとして上演してきた東京芸術祭の野外劇。今年はその野外劇のコンセプトが新型コロナウイルス感染拡大につながる恐れがあるとし、当初予定していたGLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)での上演から、東京芸術劇場プレイハウスに会場を移しての開催となった。

東京芸術祭の野外劇、4年目となる今年は、シェイクスピア作・松岡和子訳の『ロミオとジュリエット』を、バラエティに富んだ作風に定評のある青木豪を演出に迎え、総応募者945名のフルキャストオーディションで選ばれた阿久津仁愛(ジュリエット役)、川原琴響(ロミオ役)をはじめとする出演者14名とともに、「女系一家・モンタギューvs 男系一家・キャピュレット」をコンセプトに構築する。

野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス開幕! 演出・青木豪「何かしらの解放感を感じて下さったら幸いであります」

野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス開幕! 演出・青木豪「何かしらの解放感を感じて下さったら幸いであります」


開幕に際し、演出の青木豪からコメントが到着。急遽会場が変更になったなかで、「舞台の外に“野外のような拡がり”を感じさせること」を心がけたという。「“一目惚れ”を扱った中で世界一有名なこの芝居を、今回の演出でご覧になった皆様が、何かしらの解放感を感じて下さったら幸いであります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.