くらし情報『大地真央と神田沙也加が13年ぶりに共演 『ローズのジレンマ』明日開幕』

2021年2月5日 07:00

大地真央と神田沙也加が13年ぶりに共演 『ローズのジレンマ』明日開幕

『ローズのジレンマ』


世界中で不動の人気を誇り、その代表作のひとつである『23階の笑い』が三谷幸喜の演出で上演されたことも記憶に新しい“ブロードウェイの喜劇王”、ニール・サイモン。昨年10月の『おかしな二人』で満を持してサイモン作品デビューを果たし、相性の良さを証明してみせた大地真央が、2月6日(土)にシアタークリエで開幕する『ローズのジレンマ』で早くも2作目に挑む。

大地が今回演じるのは、かつては人気作家として名を馳せていたものの、再愛の恋人ウォルシュを5年前に亡くして以来、スランプに陥り破産の危機に直面しているローズ役。そんなローズの状況を見かねて、必死で新作を書かせようとする助手のアーリーンを、大地を「ママ」と呼んで慕う神田沙也加が演じる。ミュージカル界屈指の大役である『マイ・フェア・レディ』のイライザを、1990年から20年にわたって当たり役とし続けた大地と、2018年に引き継いで演じ切った神田。そんな“新旧イライザ”の、『紫式部ものがたり』以来実に13年ぶりとなる舞台共演は、本作の大きな話題のひとつだ。

さらには、ローズにしか見えないウォルシュの亡霊役として別所哲也、アーリーンと惹かれ合う売れない若手作家クランシー役として村井良大が共演。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.