くらし情報『『蛇の道』黒沢清監督インタビュー「“復讐というシステム”だけがずっと続いている」』

『蛇の道』黒沢清監督インタビュー「“復讐というシステム”だけがずっと続いている」

黒沢清監督


黒沢清監督の最新作『蛇の道』が6月14日(金)から公開になる。本作もこれまでの黒沢作品同様、映画的な魅力と面白さ、不気味さに満ちた傑作に仕上がった。黒沢監督は語る。「“映画的な何か”があるから映画なのであって、それがいらないのであれば、映画そのものがいらなくなってしまう」。公開前に話を聞いた。

黒沢監督は2016年にフランスで撮影した『ダゲレオタイプの女』を発表しているが、本作は1998年に黒沢監督が手がけた映画『蛇の道』をフランスでセルフリメイクした作品だ。

黒沢監督は1990年代の後半に“復讐”にまつわる作品をいくつか発表している。1997年に高橋洋が脚本を手がけた『復讐運命の訪問者』と、自身で脚本を書いた『復讐消えない傷跡』が公開。
同年に初期の代表作のひとつ『CURE』と、再び高橋洋が脚本を書いた『蛇の道』、自身と西山洋一で脚本を手がけた『蜘蛛の瞳』を撮影し、この3作品はすべて翌98年に公開されている。

『蛇の道』黒沢清監督インタビュー「“復讐というシステム”だけがずっと続いている」


今回、フランスのプロダクションから「自作でフランスでリメイクしたいものがあるか?」と問われた時、黒沢監督は即答で『蛇の道』の名前を挙げたという。

「理屈で考えているわけではないのですが、高橋くんが書いた脚本の中でも『蛇の道』は『復讐運命の訪問者』よりも抽象的というか……“復讐をする”という構造だけで脚本が成り立っていると思うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.