くらし情報『俳優デビューのFukase「気持ち悪かった」評にニンマリ「それは誉め言葉」』

2021年6月11日 21:15

俳優デビューのFukase「気持ち悪かった」評にニンマリ「それは誉め言葉」

俳優デビューのFukase「気持ち悪かった」評にニンマリ「それは誉め言葉」


菅田将暉と本作が俳優デビューとなるFukase(SEKAI NO OWARI)が共演するサスペンス映画『キャラクター』の初日舞台挨拶が6月11日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、菅田とFukaseに加えて、共演する高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督(「帝一の國」)が登壇した。

偶然目撃した殺人事件にインスパイアされた漫画で、たちまち人気作家になった山城圭吾(菅田)。やがて漫画の内容を模した事件が続発し、警察にマークされてしまう山城の前に、両角と名乗る男(Fukase)が現れる。両角こそが山城が事件現場で目撃し“キャラクター”のモデルとなった実際の殺人犯だった。

難役に挑んだ菅田は、Fukaseとの共演について、「高校生の時、初めて買ったCDがSEKAI NO OWARIだった」としみじみ。「僕が演じた山城にとって両角は、無個性な自分とは真逆にいるキャラクターで、なぜか惹かれていく。そんな関係性を憧れるFukaseさんと演じることができてうれしかった」と相互が生み出す化学反応に喜びを示した。

殺人鬼を演じたFukaseは、イベント司会者から「本当に気持ち悪かったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.