くらし情報『スコアレスドローに垣間見えた川崎Fの強さ、退場にも数的不利にも慌てず騒がず怯まず!』

2022年5月24日 18:00

スコアレスドローに垣間見えた川崎Fの強さ、退場にも数的不利にも慌てず騒がず怯まず!

鬼木達監督(川崎フロンターレ) (C)J.LEAGUE

(C)J.LEAGUE



スコアレスドローの中に川崎フロンターレの強さを垣間見た。『明治安田生命J1リーグ』第14節・サガン鳥栖戦は試合内容で押されたものの、勝者のメンタリティを発揮したのだった。

5月21日、第11節・ヴィッセル神戸戦から中2日のアウェイ2連戦に際し、鬼木達監督は先発5人を入れ替えて臨んだ。CFに知念慶、左ウイングに小林悠、インサイドハーフは瀬古樹と小塚和季、アンカーにジョアン・シミッチと攻撃陣にフレッシュなメンバーを並べた。だが、2日前の『JリーグYBCルヴァンカップ』からフィールドプレーヤー10人総入れ替えの鳥栖が運動量で勝りペースを握る。GKパク・イルギュを含めたビルドアップに前線からのプレスがハマらないと見れば、川崎Fは前半の内に4-3-3から4-4-2に変更。小塚に代えてマルシーニョを投入すると、後半開始からはさらに4-2-3-1にチェンジ。ベンチも何とか主導権を握ろうと策を講じた。

結局鳥栖のペースは変わらず、82分にはCB谷口彰悟がVAR、オンフィールドレビューを経て、一発退場となるも、川崎Fは慌てず騒がず。鬼木達監督も抗議するのではなく、次の手を打っていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.