くらし情報『弁護士が語る!「他士業と連携」することで依頼者が得られるメリットとは』

2017年1月22日 17:50

弁護士が語る!「他士業と連携」することで依頼者が得られるメリットとは

目次

・「金銭的な結果にもこだわる」……証拠集めや現地・判例調査には特に注力
・他士業との連携が日常的な問題の幅広いサポートにつながる
・大事なのは「弁護士に相談すること」ではなく「問題を解決すること」
・「虎ノ門法律経済事務所 池袋支店」一問一答Q&A
弁護士が語る!「他士業と連携」することで依頼者が得られるメリットとは

photo by 編集部

東京都豊島区、「池袋」駅近くにある「虎ノ門法律経済事務所 池袋支店」で支店長を務める鈴木謙太郎弁護士。同事務所では、弁護士以外に「司法書士」や「税理士」「社会保険労務士」といった他士業の方も在籍しており、ワンストップで幅広い分野にサービスを提供しているそうです。今回はそんな鈴木弁護士に他士業との連携について伺いました。

弁護士が語る!「他士業と連携」することで依頼者が得られるメリットとは


鈴木 謙太郎(すずき けんたろう)弁護士
(1972年の設立以来40年以上の歴史がある、虎ノ門法律経済事務所の池袋支店で支店長を務める。注力分野は遺産相続、不動産取引、交通事故、債権回収、労働問題、債務整理、刑事事件、離婚等。「皆様の人生の一大事を共に解決するパートナーとして、真摯に業務に取り組んでまいります。」)

■「金銭的な結果にもこだわる」……証拠集めや現地・判例調査には特に注力

__弁護活動を行う際に意識していることは何ですか?

私は、依頼者本人の意向に沿った解決法を選んでいくということを非常に重視しています。ただ、それだけではなく、金銭的な数字として結果を出すということも意識して弁護活動に取り組んでいます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.