くらし情報『替え歌を歌ってYouTubeに公開…著作権侵害にはならないの?』

2017年2月6日 22:00

替え歌を歌ってYouTubeに公開…著作権侵害にはならないの?

音楽の著作権を管理するJASRACが、音楽教室での演奏について著作権料を求める方針を示し、批判を浴びているようです。

未来の作曲家やミュージシャンを養成する機関である音楽教室にまで「カネ」を請求することについて、「日本の音楽文化を衰退させるものだ」と批判が噴出。

今後音楽教室側は団体を作り、反対活動を展開していくようです。賛否両論ありますが、誰もが最初は名曲を演奏することで楽器の使い方を覚え、音楽家やミュージシャンとなるもの。その芽をつむようにも思う行動は、やはり歪に思えてしまいますね。

真似といえば「替え歌」もその一種です。最近は様々な曲の替え歌を歌い、それをYouTubeなどの動画サイトに投稿している様子を目にします。

これもやはり、著作権の侵害ということになるのでしょうか?法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士にご意見を伺いました。

Q.替え歌を歌ってYouTubeに公開…これは法的に問題ないの?

目次

・Q.替え歌を歌ってYouTubeに公開…これは法的に問題ないの?
・A.著作権の侵害になる可能性が高いですが、例外もあります。
替え歌を歌ってYouTubeに公開…著作権侵害にはならないの?

*画像はイメージです:http://www.shutterstock.com/

A.著作権の侵害になる可能性が高いですが、例外もあります。

「歌詞にも著作権があるため、替え歌をすることは、著作権のうち翻案権侵害、著作者人格権のうち同一性保持権を侵害する可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.