くらし情報『女性にストーカーをした女性が逮捕…同性間でも違法なのはナゼ?』

2017年9月20日 21:40

女性にストーカーをした女性が逮捕…同性間でも違法なのはナゼ?

目次

・どんな行為がストーカー行為に認定される?
・同性間、異性間のストーカーによる違いは特にはない
・警告を無視して繰り返すと逮捕に至るケースも
女性にストーカーをした女性が逮捕…同性間でも違法なのはナゼ?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

今月14日、62歳の女性にストーカー行為をしたとして、46歳の女性が逮捕されるという出来事がありました。

同性間のストーカー行為はあまり聞きなれないかと思いますが、どういった行為がストーカー行為とみなされるのかといった点と併せて解説したいと思います。

■どんな行為がストーカー行為に認定される?

ストーカー規制法は、ストーカー行為の規制とストーカー被害者への援助措置について定めた法律です。

ストーカー行為とは、同じ人に対し「つきまとい等」を繰り返すことです。つきまとい等を繰り返した行った場合にストーカー行為として規制されるわけです。

「つきまとい等」とは、好きになった人やその関係者に対して、以下の8つの類型の行為を行うことです。

(1)つきまとい・待ち伏せ・進路妨害・見張り・押し掛け

(2)監視していると思わせるようなことを告げる

(3)面会・交際等の要求

(4)著しく粗野・乱暴な言動

(5)無言電話・連続電話・ファクシミリ・電子メール

(6)汚物・動物の死体等の送付

(7)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.