くらし情報『盗んだ配送物をオークションに出品…どんな罪に?』

2017年12月25日 21:40

盗んだ配送物をオークションに出品…どんな罪に?

目次

・窃盗・詐欺罪に
・商品の落札者の責任は?
・被害者の補償は?
盗んだ配送物をオークションに出品…どんな罪に?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

今年11月、運送会社に勤めていた女性事務員が配送する商品を盗みオークションサイトに出品していたため、懲戒解雇処分になっていたことが明らかになりました。

本件、盗んだ商品を販売していますが、どのような罪状になるのか、また、補償があるのかといった点について解説してみたいと思います。

■窃盗・詐欺罪に

本件は窃盗罪と詐欺罪になると思います。

まず他人の商品を盗み取っているわけですから窃盗罪になります。

次に盗んだ商品をオークションに出品し、落札した人からお金をだまし取っているいるわけですから詐欺罪になります。

この窃盗罪と詐欺罪は、同じ人が犯した複数の犯罪(併合罪)ということになり、懲役の長期の上限が窃盗の懲役の長期の上限(10年)の1.5倍(15年)となり、重く処罰される可能性があるわけです。

■商品の落札者の責任は?

盗品と知らず落札した場合や、落札した後に盗品と知ったという場合であれば、責任はありません。

普通ないことですが、落札者が盗品と知って購入した場合には、落札者は盗品有償譲受の罪の責任を負います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.