くらし情報『夫が会社を辞め働こうとしない…離婚事由になる?』

2018年3月7日 06:30

夫が会社を辞め働こうとしない…離婚事由になる?

目次

・仕事をクビになって働かないケースは離婚事由になる?
・給与が下がった場合は?
夫が会社を辞め働こうとしない…離婚事由になる?


離婚理由には様々なものがありますが、意外と多いといわれるのが、夫の収入に対する不満です。

「結婚後会社を解雇され生活できない」「会社を辞めたあと働こうとしない」「給与が下がり生活できない」などの理由で、妻が旦那に対し愛想をつかし、「三行半」を叩きつけることがあります。

このような場合、第三者から同情される一方で、「夫が働けないなら妻が働けばいいじゃないか」「どうして一緒に苦しみを乗りえようとしないんだ」という批判の声も。

そもそもこのような、「旦那が働かない」というような理由は離婚事由として認められるのでしょうか?

高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

■仕事をクビになって働かないケースは離婚事由になる?

「まず、配偶者が​仕事をクビになったというだけでは離婚することは出来ません。ただ、クビになった後も次の仕事に就かず、働く気すら見せないような場合であって、預金も底をつき、他の配偶者の稼ぎだけでは生活費が足りず、日常生活を送ることすらままならなくなっている場合には、もはや婚姻関係を継続していくことは困難と言えますので、離婚事由になり得ると考えます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.