くらし情報『森田アルミ工業の物干しシリーズはかゆいところに手が届きそう』

森田アルミ工業の物干しシリーズはかゆいところに手が届きそう

2018年3月31日 18:00
 

関連リンク

・おしゃれな砂時計をインテリアに!レトロなタイマーは実用性も抜群!
・堀ちえみ、洗濯機でiPhone Xを洗ってしまい立ち直れず「とほほ」
・インテリアに馴染ませて☆家電を目立たなくするアイディア集

夫と二人暮らしの時は気にならなかったけど、家族が増えると洗濯物もかさむから、洗濯物を干すスペースも拡げたくなるもの。先日我が家もバルコニーの物干し竿だけではいよいよ足らず、室内用で干せる物干し竿でも買おうかとアレコレ探していたんです。

室内で干せる物干し竿を探してみると、最近では伸縮式・折り畳みができるものが多いものの、それでも畳んで出したりする手間はあるし、場所は取ります。やっぱり、結構邪魔…。

いいものはないかと探していると、良さそうなアイテムがありました。それが、「渡せる物干し」(6990円)。調べてみると、メーカーは森田アルミ工業という大阪府にある会社で、当初はクラウドファンディング「CAMPFIRE」で商品化に向けて支援が募集され、ようやく商品化したという商品。

ピンで壁に設置可能!しかもピン穴が目立ちにくい

この商品、壁に物干し竿をかけるスペースを設置して、室内に物干しスペースを作るという商品なのですが、工具などは不要で自分で簡単に設置でき、しかもピンで固定するだけ。そうなると、気になるのが壁に空いてしまう穴ですが、大体画びょうの穴程度の大きさの穴しか開かないから、賃貸物件でも安心です。

しかも、耐荷重量は約10kgもあり、大容量干すことができます。家族が多い家庭でも満足できそうですね。

竿部分の長さは168~270cm。部屋の壁から壁までの長さがその範囲内であれば、設置が可能な他、物干し竿をかける端の部分は120度まで曲げることができるから、部屋の中を斜めに物干し竿をかける、ということも可能です。専用の竿掛けもあり、使わない時は物干し竿をスマートに収納できるから、部屋に妙な生活感も生まれず、スッキリと過ごすことができます。

その他、姉妹商品として、カーテンレールを利用した「カーテン物干し」や壁からスッと出てくる物干し「壁掛け物干し」もあり、こちらも便利。壁掛け物干しは、渡せる物干し同様、ピンで設置できる方式。窓を開けたら風がよく入る物件の人は、こちらを選んでも良いかもしれませんね。

現在、ベルメゾンで購入ができるそうですよ! 本格的梅雨シーズンを前に、室内干しスペースの確保に悩んでいる人にも、オススメです!
(文・団子坂ゆみ/考務店)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.