くらし情報『いつから始める?赤ちゃんのコップ練習の方法は?』

2018年2月25日 18:58

いつから始める?赤ちゃんのコップ練習の方法は?

いつから始める?赤ちゃんのコップ練習の方法は?

母乳やミルクが終わると、いよいよ赤ちゃんは水やお茶で水分補給をするようになります。でも、肝心の飲み物を飲むために必要なコップがまだ使えない!保育園から「コップの練習をしてから入園して欲しい」と言われたりすることもあり、悩みのタネに…。そこで、赤ちゃんのコップ練習のタイミングや方法についてまとめます。

開始は離乳食を始める頃から

成長の仕方は赤ちゃんによって異なるので、コップ練習を始める時期は、一概にいつとは言えませんが、生後7〜8カ月くらいで離乳食が2回食になるタイミングで練習を始めるとちょうど良いようです。また、赤ちゃんがパパやママのまねをして、コップを持ちたがるようなら、試しに持たせてみて、手でしっかり持てているようなら、コップの練習を始めてみても良いかもしれません。

取っ手付きのマグやスパウトから

大人にとってはコップを使う動作はとても簡単。でも、赤ちゃんにとっては、初体験のコップは大変な動作。個人差はありますが、まずは持ちやすい取っ手付きのマグや、飲み口がほ乳瓶に近い、スパウトのついたものから始めるのが良さそう。

練習方法は、まず赤ちゃんに空のコップを持たせて、ママやパパがお手本を見せながら、まねっこ遊びをし、おちょこなどの飲み口が広い小さな器で、飲む練習をします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.