くらし情報『【○○を使う】余ったドレッシングの捨て方と活用術』

2018年2月27日 18:58

【○○を使う】余ったドレッシングの捨て方と活用術

【○○を使う】余ったドレッシングの捨て方と活用術

焼き肉のたれやドレッシング、ナンプラーなどのビンに入った調味料類は、全部使い切れずに冷蔵庫に残りがち。捨てようと思っても、流しに捨てるわけにはいかず、気づいたら冷蔵庫がビンだらけ…なんて経験、ありませんか?

もちろん、全部使い切れればいいのですが、そううまい具合になることばかりではありませんよね。とくにドレッシングは、油を含むものだから、処理に困るというママは多いのではないでしょうか?

“牛乳パック”を活用して捨てる

ドレッシングの賞味期限(消費期限)がすでに切れている場合、もはや「捨てる」以外の選択肢がないわけですが、多くの人は、牛乳パックを使って捨てているようです。

まず、洗って乾かした空の牛乳パックの上の部分だけを切り落とし、四角柱の状態にします。そのなかに、新聞紙やキッチンペーパー、着なくなった衣類の切れ端などを入れ、ドレッシングを流し入れ、油分を吸収させるという方法。

ちなみに、牛乳パックはドレッシングなどのほかにも、人目についてほしくないものを捨てるときに使ったり、洗った後に開いてまな板代わりにしたり、活用方法はいろいろあるようで、ストックしているママは多いのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.