くらし情報『東名高速道路 綾瀬スマートICで利便性が向上する地に「グレーシアさがみ野マークス」が誕生【相鉄不動産】』

2021年10月21日 16:30

東名高速道路 綾瀬スマートICで利便性が向上する地に「グレーシアさがみ野マークス」が誕生【相鉄不動産】

相鉄グループの相鉄不動産㈱(本社:横浜市西区、社長・左藤 誠)では、さがみ野駅エリアでは5番目の分譲マンションとなる「グレーシアさがみ野マークス」(以下、同物件)の駅前販売カウンターを2021年10月23日(土)に、相鉄線 さがみ野駅直結の「相鉄ライフ さがみ野」内にオープンし、11月中旬から販売します。
同物件は、2021年3月に開通した東名高速道路「綾瀬スマートIC」から車で約5分の立地にある他、相鉄本線「さがみ野駅」から徒歩9分の場所に位置する交通利便性の高いエリアであり、マンションではなかなかできなかったタイヤの交換や保管など、カーライフサポートに特化した共用部により、スマートなマンションライフを提案するものです。

東名高速道路 綾瀬スマートICで利便性が向上する地に「グレーシアさがみ野マークス」が誕生【相鉄不動産】

「グレーシアさがみ野マークス」(イメージ)

物件の主な特長
【カーライフをサポートする共用部】

■駐車場が全区画平置き駐車場・設置率100%(敷地外含む)。入り口にはチェーンゲートを設置。
■「メンテナンススペース」では車の掃除や洗車(水洗い限定)、タイヤ交換が可能。
■「タイヤラック」を設置し、冬シーズンのスタッドレスタイヤの交換・保管などがマンション敷地内で実施可能。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.