くらし情報『【秩父ワーケーション】秩父郡皆野町に新たなワーケーション施設「働Co-factoryみなのLABO」「働Co-livingみなのsubako」2施設を同日開業』

2021年12月21日 14:00

【秩父ワーケーション】秩父郡皆野町に新たなワーケーション施設「働Co-factoryみなのLABO」「働Co-livingみなのsubako」2施設を同日開業

日本の新しい働き方を創造し、秩父エリアで5か所のワーケーション施設を運営するオフィスプラス株式会社(代表:出浦洋介本社:埼玉県秩父市)は、埼玉県秩父郡皆野町(町長:石木戸道也)と連携して、皆野町に「働空間」ブランドの新たなワーケーション施設「働Co-factoryみなのLABO」・「働Co-livingみなのsubako」を、2022年1月14日(金)に2施設同日開業します。国の地方創生テレワーク交付金※1を活用した、官民が連携したプロジェクトです。
また本プロジェクトには、多くの『副業人材』が実際に秩父エリアでワーケーションをしながら開発に関わりました。秩父及び皆野エリアの良さを知り尽くした皆野町、オフィスプラスと、多彩なアイデアを持った『副業人材』とで、共同開発をしたワーケーション施設です。

※1、地方創生テレワーク交付金
・・・サテライトオフィス等の施設整備・運営や、民間の施設開設・運営への支援等、地方創生に資するテレワークの推進により地方への新たなひとの流れを創出する地方公共団体の取組を支援する国の施策

目次

・背景
・『副業人材』が秩父ワーケーションをしながら共同開発に参画
・「働Co-factoryみなのLABO」について
・「働Co-livingみなのsubako」について
・「働空間」ブランドとは
・皆野町について
・施設運営会社概要


【秩父ワーケーション】秩父郡皆野町に新たなワーケーション施設「働Co-factoryみなのLABO」「働Co-livingみなのsubako」2施設を同日開業

「働Co-factoryみなのLABO」コワーキングスペース

背景

本事業は、気軽なワーケーション利用をきっかけとしながら、将来的には皆野町内にサテライトオフィスや本社を構える企業を誘致し、町内に魅力ある働く環境を創出すると共に、都市部の企業・社員による地域活動等への参画による地域経済の活性化等を図ることを目的として皆野町によって計画されました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.