くらし情報『シンガポールの動物園で700以上の動物の赤ちゃんが誕生』

2016年1月14日 23:00

シンガポールの動物園で700以上の動物の赤ちゃんが誕生

シンガポールの4大動物園を運営するワイルドライフ・リザーブス・シンガポール(WRS)は、昨年2015年の1年間で、合計700以上の動物の赤ちゃんが誕生したことを報告した。オランウータンやカンムリシロムクなど、数々の絶滅危惧種の繁殖にも成功している。

世界トップクラスの繁殖プログラム
シンガポールの動物園で700以上の動物の赤ちゃんが誕生

©Wildlife Reserves Singapore

シンガポールの観光スポットとしても有名なJurong Bird Park(ジュロン・バード・パーク)、Night Safari(ナイトサファリ)、River Safari(リバーサファリ)、Singapore Zoo(シンガポール動物園)では、それぞれ通常の飼育に加え、数々の絶滅危惧種の保護と繁殖が行われている。4パークで2015年中の誕生が報告された150種、合計700以上の動物の赤ちゃんの中には、こうした絶滅危惧種も多数。シンガポールの動物園が、世界トップクラスの繁殖プログラムを実施していることを証明した。

シンガポールの動物園情報はこちら>

あの人気者オランウータンの「ひ孫」も誕生
シンガポールの動物園で700以上の動物の赤ちゃんが誕生

©Wildlife Reserves Singapore

シンガポール動物園では、9月に誕生した絶滅危惧種スマトラオランウータンの誕生に湧いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.