くらし情報『城下町高梁で開催「備中たかはし町家通りの雛まつり」』

2019年3月1日 17:00

城下町高梁で開催「備中たかはし町家通りの雛まつり」

城下町高梁で開催「備中たかはし町家通りの雛まつり」
城下町としての面影を残す町並みにお雛様が並ぶ岡山県高梁市では、毎年桜が咲く4月に「町屋通りのひな祭り」を城下町高梁で最も古い商家の町並みが残る「本町通り」で開催しています。

今年は、平成31年4月6日(土)~4月7日(日)の開催となり、本町通りには、古い物から手作りなど多くのお雛様が飾られます。

城下町の雰囲気が残る備中の小京都高梁市は、岡山県西部の山間にあり日本三大山城であり、日本12現存天守の1つといわれる備中松山城が残る町です。会場となる本町通りは、江戸時代には松山往来と呼ばれていた街道です。

この本町通りは、高梁川を活用した舟運で財をなした商家の人が住んでいた場所で、今でも商家など古い建物が残っています。また、通りには、ひな人形や五月人形の生産量が全国三位の「日本貿易産業」もあります。

もちろん、こちらでもお雛様を見ることができ、人形と人形作りに使用した端切れなども販売しています。

町歩きもおすすめ会場の本町通り近くには、日本の道百選に選ばれた紺屋川通りがあります。こちらは、多くの桜が植えてあるので、おひな祭り開催の頃には、満開になっているはずです。

他にも近くには、日本で2番目に古いプロテスタント教会「高梁基督教会」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.