くらし情報『初代王者は誰の手に「若狭路レインボーマラソン2021」』

2020年12月15日 17:00

初代王者は誰の手に「若狭路レインボーマラソン2021」

初代王者は誰の手に「若狭路レインボーマラソン2021」
初開催の大会福井県(美浜町)では、累積標高1020m日本一過酷で美しいハーフマラソンをキャッチコピーに「若狭路レインボーマラソン2021」が行われます。同大会は、今年開催予定でしたが、新型コロナウイルにより残念ながら中止となりましたが、いよいよ2021年3月14日にスタートします。

同大会では、山の神コース(約21km)と虹コース(14km)の2つがあり、どちらも美浜町の春の海・湖・山の雄大な景色を楽しむことができます。

大会の日だけ味わえる景色もある大会会場は、福井県美浜町北西郷公民館で、競技開始は、山の神コースが6時、虹コースが6時15分にスタートします。どちらのコースもアップダウンを思いっきり楽しむことができます。また、通常ランニングすることができない自動車専用道路を走ることができます。

大会参加と合わせて、美浜町周辺の観光スポットやグルメを楽しんではいかがでしょうか。

(画像は公式サイトより)

【参考】
※大会公式サイト
http://wakasaji-rm.com

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.