くらし情報『関西エリア 大規模複合用途建物初(※1)グランフロント大阪の使用電力を100%再生可能エネルギー由来に』

2021年11月29日 17:45

関西エリア 大規模複合用途建物初(※1)グランフロント大阪の使用電力を100%再生可能エネルギー由来に

グランフロント大阪(大阪市北区大深町)は、2022年9月より、関西エリアにおける大規模複合用途建物では初めて、使用する全電力をCO2フリーの再生可能エネルギー由来電力(以下、再エネ電力)に切り替えます。グランフロント大阪の電力使用量(2020年度実績値)は約80,000MWh(一般家庭で約18,800世帯分(※2))であり、再エネ電力導入によるCO2削減量は年間約25,298トンに相当します。

今回導入する再エネ電力は、関西電力株式会社が非化石価値取引市場で調達するトラッキング付非化石証書(※3)が付与された「RE100(※4)」対応の電力です。また、共用部のみならずテナント専有部も含めて施設で使用する電力全量を切替対象とすることから、オフィスや商業などの施設用途を問わずグランフロント大阪に入居されている全ての企業・テナントは自社で再エネ電力を利用していると認められることになります。

これまでも、グランフロント大阪においては「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に採択される等、環境に十分配慮した街づくりを推進しておりますが、今後もサステナブルな社会の実現に貢献することを目指し、SDGs達成に向けた入居企業の後押しを続けて参ります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.