くらし情報『「6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加」交通事故専門の弁護士法人しまかぜ法律事務所がコラムを公開』

「6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加」交通事故専門の弁護士法人しまかぜ法律事務所がコラムを公開

交通事故を専門に取り扱う弁護士法人しまかぜ法律事務所(所在地:愛知県名古屋市、代表弁護士:井上 昌哉)は、交通死亡事故のご遺族や交通事故の被害に遭われた方向けにコラムを連載しており、最新のコラムとして、「6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加」を掲載しました。
愛知県警察が作成している「交通事故防止のPOINT」によると、令和元年から令和5年までの5年間の交通死亡事故等を分析した結果、6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加する傾向があることが分かりました(※)。
弁護士法人しまかぜ法律事務所では、交通事故について情報提供するとともに、ご遺族や交通事故の被害に遭った方が適正な賠償額で解決ができるよう全面的にサポートしてまいります。

URL:http://shimakaze-law.com/(事務所ホームページ)
http://nagoya-shiboujiko.com/(死亡事故相談用 専門サイト)

※出典:愛知県警察ホームページ「交通事故防止のPOINT」より
https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/jiko/koutsu-s/documents/202406point.pdf

「6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加」交通事故専門の弁護士法人しまかぜ法律事務所がコラムを公開

代表弁護士 井上 昌哉
「6月は小学生、中学生、高校生の事故が増加」交通事故専門の弁護士法人しまかぜ法律事務所がコラムを公開

弁護士 三宅 加太

■小中高生事故の実態
小中高生の歩行者の死傷者の実態としては、6割以上が横断中の事故で、そのうち約8割が信号のない場所での事故となっています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.