くらし情報『父の遺産は『総額1千万円』!?遺産を回収していた【男性の言葉】に…母「そうでしたか…」』

父の遺産は『総額1千万円』!?遺産を回収していた【男性の言葉】に…母「そうでしたか…」

父の遺産は『総額1千万円』!?遺産を回収していた【男性の言葉】に…母「そうでしたか…」

皆さんは、突然生活が苦しくなった経験はありますか?今回は「歴史研究が趣味の父が遺した遺産」にまつわる物語とその感想を紹介します。イラスト:エトラちゃんは見た!歴史研究が趣味の父主人公は出版職員の父と専業主婦の母と暮らす高校3年生です。父は幼いころから歴史研究を趣味としており、時間やお金のほとんどを趣味につぎ込んでいました。そんなある日、父が突然事故で他界してしまいます。すると父が遺産をほとんど残していなかったことが判明して…。生活が厳しくなった主人公と母は、今より狭い家へ引っ越すことに決めました。そんなある日、父の趣味仲間が訪ねてきます。父が託した遺産趣味仲間は生前父から、自分に何かあったときは研究資料を引き取るよう遺言をもらっていたと言いました。
それを聞いた母は、家族には何も残さず、趣味仲間には残した父に対して激怒します。しかし後日、母は趣味仲間から資料を売却したお金として総額1000万円を受け取ることになり…。
父の遺産は『総額1千万円』!?遺産を回収していた【男性の言葉】に…母「そうでしたか…」
出典:エトラちゃんは見た!実は、父が集めていた資料は、とても価値のあるものだったのです。生前貯蓄ができていなかった父は、仲間に資料を売却してもらうことで、家族に遺産が残るようにしていて…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.