恋愛情報『デートだからって気合い入れすぎ?「男性が苦手なメイク」3選』

2021年7月5日 07:30

デートだからって気合い入れすぎ?「男性が苦手なメイク」3選

デートや出会いの場へ向かう予定があると、ついメイクに気合いが入り過ぎてしまうこともあると思います。

いつもよりリップやアイシャドウを濃く塗ってしまったり、ファンデーションを厚塗りしたり、自分でも気づかないうちに不自然なメイクになってしまっているかも。

そこで今回は、「苦手と感じるメイク」について、実際に男性の意見を聞きました。

意中の彼に、マイナスではなくプラスの印象を与えるメイクができるようにチェックしましょう!

デートだからって気合い入れすぎ?「男性が苦手なメイク」3選


■ 暑いの?チークの塗りすぎで不自然な顔色

「薄めのアイメイクにリップも控えめのナチュラルメイクなのに、なぜかチークだけが浮いてる。

暑いの?ってツッコミたくなるような不自然さは苦手……。飲みに行くとお酒が入って、さらにほっぺが赤くなるので控えてほしい」(24歳男性/調理師)

男性は、女性のチークに対して、「色が濃すぎて浮いて見える」と不自然さを感じ、苦手意識を持つ場合もあるのだとか。

お酒の場で、わざとチークを濃いめに塗ってほろ酔いっぽく見せるメイク術もありますが、やりすぎはNGみたいです。

むしろいつもよりチークは控えめにするよう心がける方がいいかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.